資産・相続 ||(株)オヤマ経営グループ || 税理士・小山公認会計士事務所・小山行政書士事務所・M&A

仙台の株式会社オヤマ経営へのお問合わせ電話番号022-299-0768
サイトマップ
お問合せ
株式会社オヤマ経営会社案内
メールマガジン会員登録
セミナー案内・申込み
税理士・公認会計士は仙台の株式会社オヤマ経営グループ
税務・会計に関する相談
資産・相続に関する相談
相続名義変更に関する相談
会社設立に関する相談
M&Aに関する相談
経営・再生に関する相談
公益法人制度改革セミナーに関する相談
不動産経営に関する相談
医院・病院経営に関する相談
人事評価・給与に関する相談
資金繰りに関する相談
記帳代行・給与計算に関する相談
HOME  資産・相続  相続税の節税の考え方 2

資産・相続||株式会社オヤマ経営

資産・相続

相続税の節税の考え方 財産評価を下げる方法

相続税の節税の考え方 財産評価を下げる方法

 相続税の節税を考える中で、財産の評価を下げる方法も考えられます。

資産・相続
遺産分割協議対策
相続税 節税の考え方1
相続税 節税の考え方2
自社株の株価対策
資産・相続 相続税の節税「アパートを建てる」

「アパートを建てると節税になる」とは?

自己資金又は借金してアパートを建てれば、相続の際に土地の評価額も低くなり建物の価額も自用家屋より低くなるので、基本的には相続税は安くなります。


アパートを建てることによる【メリット】

メリット1
土地の評価が更地に比べて低くなります。地域によりますが、更地の約8割の評価になります。貸家建付地として、貸家が建てられている宅地の価額が、次の算式によって計算した価額で評価されます。
貸家建付地の評価額=白用地の評価額×(1-60%※1 ×30%※2)
※1 借地権割合6割の地域にある場合
※2 借地権割合 大阪国税局管内の1部(40%)を除く

メリット2
建物の価額が建築費に比べて低くなります。これは建物の場合、建築費の約5割が評価額になるためです。
貸家の評価額=固定資産税評価額(目安は建築価格の7割)×(1-30%※)
※借家権割合 大阪国税局管内の1部(40%)を除く

メリット3
小規模宅地等の特例が受けられる可能性があります。アパートなどの不動産貸付業の場合は、減額割合は200平米までについて50%となります。

アパートを建てることによる【デメリット】

デメリット1
アパート建築した後、空室が出てくると、建築前に予定していた収支とに差が生じ、資金繰りが苦しくなる可能性もあります。

デメリット2
土地の上に建物が建ってしまうので、将来物納しようと思ったときに、納税用として利用することが一般的に難しくなります。

無料相談

無料相談 税理士・公認会計士への無料相談 税理士・公認会計士への無料相談お問い合わせ電話番号

株式会社オヤマ経営では、初めての方の税務・会計・経営・人事に関する無料相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。

初めての方の無料相談はこちら

セミナーのご案内

税務セミナー開催案内

税務相談セミナー開催案内。
税務・会計・経営・M&Aに関するセミナーを開催。
メールマガジン会員に、いち早くセミナー情報のご案内を致しますので、是非「メルマガ」会員登録をお願い致します。

詳細はこちら

確定申告のご案内

確定申告のご案内

毎年2月~3月は確定申告についてのご案内をしております。
無料相談もお受けしております。

詳細はこちら

メールマガジン会員登録

メールマガジン会員登録

メールマガジン会員登録のご案内。税務・会計・経営・人事に関するメールマガジンを月1回お送り致します。最新の情報をいち早く知るには欠かせないアイテムです。

詳細はこちら